リーブよりアートネイチャーより鮭を食べよう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

頭髪に悩みを抱える男性が増えてきているということはご存知ですか?

以前までは薄毛・抜け毛に悩む男性といえば中高年以上の男性ばかりでしたが、今では20代や30代と若くして薄毛・抜け毛に悩む男性の数が増えてきているのです。

薄毛・抜け毛の理由は色々あります。

単純に老化のせいでどんどん髪の毛が少なくなっていく人もいれば、日々のストレスのせいで髪の毛が抜けていく人もいます。

そして、それ以上に抜け毛・薄毛の理由で多いのが寝不足や不規則な生活リズム、ヘアケア不足、そして悪い食生活といった日常生活の乱れなのです。

「ということで今回は男性の代表的な悩みだと私が思ってる薄毛・抜け毛に効く食べ物を紹介しようと思う」

「あー……確かにうちの親父の頭髪も結構ヤバいっすね。

具体的に言えば軽くハゲかかってます。

まだ確か51歳とかなのに」

「薄毛・抜け毛は遺伝する可能性もあるから気を付けろよ、お前(笑)」

「勘弁してくださいよ(笑)

でも、薄毛・抜け毛にいい食材とか俺でも知ってますよ?

ワカメとか昆布とかの海藻類っすよね」

「そうだなあ。

確かにワカメとか昆布は薄毛・抜け毛に効くし、昔っからメディアでも取り上げられてるな。

……けど、実はワカメとか昆布より増毛・育毛効果のある食べ物があるって知ってるか?」

「そうだなあ。

「えっ!? そんなんあるんすか?」

「ワカメ・昆布を使った料理と相性が良い【鮭】あるだろ?

あれ、海藻類とは比べ物にならないほど髪の毛を増やすことができるんだぜ」

「鮭ですか?」

「ああ。サーモンだよ、サーモン。

鮭を食べるだけで髪の毛や頭皮にいい影響があるからな」

髪の毛の質や量はタンパク質で左右される部分が大きいのですが、鮭は多くのタンパク質を含んでいるので食べ続けることで健康的で若々しい髪の毛を手に入れることができます。

また、育毛・発毛には正常な頭皮環境が必要になってくるのですが、鮭にはこの頭皮環境を良くすることができるオメガ3脂肪酸が含まれています。

オメガ3脂肪酸とタンパク質をどちらも豊富に含んでいる食べ物は鮭だけです。

付け加えるなら毛根に酸素を送り込むことで健やかな髪の毛を作る効果があるビタミンB群も多く含まれているということも見逃せません。

「ってな感じだな。

ちなみに多くの人がが残しがちな鮭の皮にも発毛・育毛成分は含まれているから食べた方が良いぞ」

「なるほど~。

いやー、鮭が髪の毛に良いってことは知らなかったっすね。

今度親父にもおすすめしてみます。

で、さっそく男でも簡単に作れる鮭料理を教えてくださいよ!」

「良いぞ。

今回紹介する鮭料理は【鮭と昆布のお茶漬け】だ!」

鮭と昆布のお茶漬けの調理法

用意するもの(1人分)
  • 塩鮭(甘目)
  • 白米
  • 三つ葉・塩昆布(適量)
手順
  1. 鮭の皮をとる(お茶漬けのさらさら感がなくなるため)
  2. 塩鮭一切れを食べやすい形に切り分ける(だいたい3~4等分が目安)
  3. 鮭を魚焼きグリルなどで焼く(両面に焼き色がつくまででOK)
  4. 三つ葉と塩昆布を好みの量のせる
  5. 熱々のお茶をかけて出来上がり!
ポイント

簡単お手軽にできるお茶漬けだから包丁を握ったことがないという男性でも安心。

それでいて鮭と昆布の2つの育毛食材で薄毛&抜け毛を改善できます。